「最速英語習得方法」の教科書を期間限定で無料配布しています。詳細はこちらから

TOEIC初心者におすすめなリスニング参考書と勉強法【4ヶ月半で8割超え】

どうも、コウ(@konote181)です。

TOEICの英語が全然聞き取れないからリスニングの集中トレーニングがしたいんだけど、参考書は何を使えばいいの?たくさんありすぎて決められないよ…

こんな人に向けて、オススメのリスニング教材を紹介します。

僕自身もともとリスニング100点台でしたが、正しい努力を行ったところ4ヶ月半の学習でリスニング420点を獲得するまでに至りました。

本記事では本当におすすめな教材を紹介しつつ、効果的なリスニング勉強法についてもお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは参りましょう!

TOEICリスニング参考書・教材の選び方

  • 自分のレベルに合っているか
  • 対応Part
  • 大きさやレイアウトが個々人の好みに合っているか

リスニング参考書を選ぶ際、重要となるのは上記3点です。

このうち「教材のレベル」「対応Part」については本記事で紹介していきますが、大きさやレイアウトは書店で実際に手に取ってみないとわからない部分があります。

そのため、本記事で参考書を2,3冊に絞ったら実際に書店に赴き、実物を見てから最終決定するのがオススメです。

TOEIC初心者・600点未満の方におすすめなリスニング参考書

ということで本題です。まず、現在TOEIC600点未満の方だったり、TOEICをまだ受けたことがない初心者の方にオススメな教材を紹介していきます。上からおすすめ順です。

詳細レビュー記事を用意している参考書もあるので、そちらも併せて参考にしてみてください。また、参考書の画像をタップすると販売ページに移ります。

サラリーマン特急新形式リスニング

値段(税込)¥858
対応Part1・2・3・4
持ち運び
難易度

「最初の一冊」に強くオススメしたい参考書。858円とリーズナブルなのにも関わらず、TOEICリスニング全パートを網羅しています。コスパ最高。

そのぶん各パートの説明は少し薄めなのですが、最初に得ておく知識はしっかり収録されており、洗練された一冊と言えます。

本書の内容自体は「既に旧形式のTOEICを受験したことがある人向け」ですが、これから初めてTOEICを受ける人にもオススメです。

鬼の変速リスニング2

値段(税込)¥1,430
対応Part3・4
持ち運び
難易度

「少し大変な思いをしてでも最速でスコアを上げたい」という方は絶対コレ。

本書は「5段階の音声速度」を活かした多彩なリスニングトレーニングができる教材であり、発音に関しても教えてくれます。

TOEICの解法テクニックというよりも「根本のリスニング力」を伸ばすことに長けている一冊と言えますね。

そのためTOEIC600点にとどまらず、700点、800点とハイスコアを狙っていきたい方はもちろん、留学を控えていたり、将来的に海外勤務を狙っている人にはぜひとも手に取っていただきたいです。

世界一わかりやすいTOEICテストの授業[Part1-4リスニング]

値段(税込)¥1,870
対応Part1・2・3・4
持ち運び
難易度

リクルートが運営している学習アプリ「スタディサプリ」のTOEIC講師である、関先生の著書です。

世界一わかりやすいシリーズはその名の通り、とにかく丁寧且つわかりやすい解説が特徴。

少し値段は張りますが、分かりやすさなら右に出るものはありませんし、内容も濃厚です。

リスニングがとにかく苦手で、一から詳しく解法を学んでいきたい方にオススメ。

ただし一つ注意点があって、本書は在庫薄になっており、ネット上だとほとんど販売しておりません。(少なくとも僕はAmazonでしか見つけられませんでした)

そのためもし購入を迷うならば取り寄せをお願いするか、Amazonでなるべく早めに購入することを推奨します。

初心者特急シリーズ

値段(税込)¥858・¥814・¥792
対応Part1&2・3・4
持ち運び
難易度

書籍がパートごとに細かく分かれているのが特徴。

本書は最初の一冊というよりは「ある程度勉強したけど、特定の苦手なパートがある」という方にオススメです。

内容もパートごとに分かれているぶん濃厚ですし、解説も論理的でわかりやすい。これで1000円未満はお得だなと。

特にパート1&2に特化した参考書は少ないので、苦手意識がある方には強くオススメしたいですね。

TOEIC600点以上の方にオススメなリスニング参考書

TOEIC600点以上で、700~850点程度を狙っていきたい方にオススメの教材を紹介します。ちなみに先ほど紹介した「鬼の変速リスニング」もおすすめです。

公式問題集等の模試

模試や問題集を活用して演習を積み、徹底した復習を行うことでリスニング力を伸ばせます。

オススメの模試やアプリ、復習方法は下記記事内で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ちなみに記事内では以下の4冊をオススメの模試本として紹介しています。

  • TOEIC公式問題集
  • 究極の模試600問+
  • 至高の模試
  • 精選模試

この中から選べば失敗を避けられるので、ぜひこれらを活かして実戦経験を積みましょう!

究極のゼミ【Part2&1】【Part3&4】

値段(税込)¥2,200・¥2,530
対応Part1&2・3&4
持ち運び
難易度

TOEIC研究の第一人者として有名なヒロ前田さん監修の書籍。このシリーズは非常に有名なので知っている方も多いかもしれません。

圧倒的な網羅性で、様々な問題タイプへの対処法を教えてくれる一冊です。

中級者以上で「特定の苦手なパートがある」という方には絶対「究極のゼミ」シリーズがオススメです。

少々値段は張りますが、とにかくスコアに直結する解法テクニックを多数学べますし、解説も丁寧です。

TOEICリスニングの勉強法

  • リッスンアンドリピート
  • シャドーイング
  • 基礎知識の習得

リスニングが苦手な人の特徴として「実際の音声」と「自分が思う音声」に隔たりがあることが挙げられます。

よって発音を学び、「実際の音声」と「自分が思う音声」のギャップを埋めることで、リスニング力は急激に伸びていきます。

そのためには「耳で聞く→口で発する」のインプット&アウトプットサイクルを効率よく回すしかありません。

以上を踏まえておすすめ勉強法が「リッスンアンドリピート」と「シャドーイング」です。

リッスンアンドリピート

リッスンアンドリピートは、英文音声を流し、一文が終わるタイミングで音声を止めて、自分で発音してみるものです。

前述のヒロ前田さんや「プラチナボキャブラリー」著者の濱崎さんなど、多くのTOEIC講師の方がおすすめしている勉強法です。

 TOEICリスニングで重要な「英文を一時的に記憶する力=リテンション力」が伸ばせる上に、発音も学ぶことができます。僕もこのトレーニングをたくさん行いました。

ちなみに上で紹介した「鬼の変速リスニング」では、このトレーニング用に、英文が終わったタイミングで一拍置かれた音声も収録されているので、非常にやりやすいです。

シャドーイング

英文音声を流し、音声のすぐ後を発音しつつ追っていくトレーニングです。途中で音声を止めたりはしません。

英文の速度に慣れることができますし、発音も学べます。

また、発音しつつ英文の意味も理解するよう意識していれば、リーディング力も伸びていくという、非常にコスパの良いトレーニングです。

リスニングを伸ばすにはこの「リッスンアンドリピート」と「シャドーイング」の2つさえあれば十分です。

もちろんこの2つをやって1週間で結果が出たりはしません。ある程度数をこなす必要があるし、集中して取り組む必要があります。

よくこの2つのトレーニングをやっても結果が出ず、他の手法を探す人が見受けられますが、少し立ち止まって「本当に自分は正しくできていたか?」「本当に自分はしっかり集中して行っていたか?」といったことを自問自答してみてください。

基礎知識の習得

たまにですが「音は聞き取れているのに意味が理解できなくて、リスニングスコアが伸びない」という方がいます。

そういう方はリスニング力を伸ばすというより、語彙力や文法事項等の基礎知識を習得することに注力すべきです。

意外と「語彙力強化したらスコアが伸びた」って人も見受けられます。特に単語帳の音声を活用した勉強は、語彙力強化しつつ発音も学べるのでおすすめですね。

TOEIC初心者にオススメなリスニング参考書・勉強法まとめ

以上、TOEICリスニングおすすめの参考書と勉強法でした。リスニングは正しい努力を行えば、リーディング以上にスコアに反映されやすいものです。

ぜひ本記事を参考にして、ハイスコアを狙ってみてください!

リスニングの勉強法
  • リッスンアンドリピート
  • シャドーイング
  • 基礎知識の習得

無料で最短英語学習法を公開しています

  • TOEICで730点以上を取るのって難しいんじゃないの?
  • 英語は長期間学び続けてやっと習得できるものでしょ?
  • 英語ペラペラになるにはセンスが必要

これらは全部誤解です。

原理原則を意識して学ぶことで、上記すべてを圧倒的なスピードで成し遂げることができます。

英語ができれば、

  • 多くの企業から求められる存在になれる
  • 周囲の人々から尊敬されるようになる
  • 自信が持てる
  • 日本依存から脱却し、余裕が生まれる
  • 旅行が数十倍楽しめるようになる
  • 世界中から知識と価値観をインストールできるようになる

などなど、多くのメリットを享受できます。

元々Fラン生で、大学で受けたTOEIC模試は200点台前半だった僕も、原理原則を重視して学んだおかげで

  • 4ヶ月半の学習でTOEIC775点
  • その2ヶ月後に渡豪&スピーキングを評価されて中級クラスから語学学校に入学
  • さらにその3ヶ月後にはホテル勤務

…といったことを成し遂げることができました。

おかげで就活では大手7社から内定を得るなど、人生の選択肢・可能性を大幅に拡大できたのです。

今は自身の体験をもとに、豊かな人生を送る人を増やしたいと考えて英語指導にあたっています。

こんなFラン生の僕でもできたので、英語は誰でも習得できます。やるか、やらないかだけです。

最短で英語を習得するためのエッセンスを書き留めた「最速英語習得戦略」を今だけ無料でお渡ししているので、もし興味があれば下記から詳細をご確認ください。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事が少しでも役に立った!と思われたらSNS等でシェアしてもらえるとすごく嬉しいです。(下のボタンからすぐにシェアできます)

コメントを書く